読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーターパンシンドロームの女

20代も後半だけど心は若い。

43歳でデキ婚は恥ずかしいけど夢がある(ブリジット・ジョーンズの日記)

ブリジット・ジョーンズの日記を観た。

久々の洋画だ。

ネタバレ日記書きます。

 

ありがとう、みんなのブリジット

43歳独身のブリジットは性に枯れている。仕事一筋で頑張る彼女は、久々にセックスしたりしてみるが、大昔に買ったゴムで避妊→無事妊娠。元カレと一晩過ごした男と、どっちの子供かわからないけど2人とも巻き込んで産んで幸せになっちゃお!

…というのが話の要約。非常に分かりやすくて良い。ぶっ飛んだ話だけど、ブリジットにフォーカスがしっかり当たってるので置いてけぼりにならない。43歳になってもぶっ飛んでてありがとう!ブリジット!

 

日記はタブレットで。イマドキアラフォーだね!

 あまり日記かかないけど、どうやらタブレットでつけてる様子。イマドキなブリジット、でも見た目はすっかりオバさんで、これが妙にリアルな感じ。というか主演のレネー・ゼルウィガーが本当に年取ったんだけど。ちょっぴりヒアルロン酸とか入れたかな?って思うシーンはあるんだけど、基本本当にオバさんなのでリアリティが半端ない。浮世離れしすぎない、このリアリティこそがこの映画のストーリーを引き立てている気がする。

 

正直そんなにいうことない

やっぱり観終わってすっきりするのは、シンプルなストーリーにしっかり肉付けできてる作品だな、と再認識。「君の名は。」もだけどさ、ストーリーは分かりやすくしといたらいいんだよ。メインストーリーをいかに説得力あるものにするか、これが力の見せどころなんじゃないかな。

この映画はそういう意味で長けていて、妊娠出産が重くなり過ぎないように時々ジョークも上手く交えてくる。はじめは「43歳でデキ婚⁉︎恥ずかし!」って思ったけど、むしろ夢があるね、素晴らしいなって観終わった頃には思っていた。下ネタも普通に出てくるけどそれも良き。後味も良いのでこの映画はオススメだな◎